リムネット
会員様へのお知らせ アクセスポイント お問い合わせ サイトマップ サポートトップへ
リムネットインターネット接続サービス
トップページ > サポートデスク > よくある質問 > サーバの不要なメールを削除する方法 > @xx.rim.or.jp > nPOPの設定、使用方法
 

nPOPの設定、使用方法
−初めて設定する場合−

リムネットに接続するための情報
 
 メールアドレス  ユーザー名@**.rim.or.jp
 POPユーザー名  ユーザー名
 メール受信のパスワード  Mail/FTPパスワード(サーバー用)
 POPサーバ(受信サーバ)  mail.**.rim.or.jp
 SMTPサーバ(送信サーバ)  mail.**.rim.or.jp
「**」の部分は、お客様のご登録ドメイン2文字となります。
 


ここでは、ご利用のメールアドレスがrimtaro@kt.rim.or.jpの場合を例に設定方法を説明しています。
メールアドレスの "rimtaro"の部分を「ユーザー名」、"kt.rim.or.jp"の部分を「ドメイン名」と表記します。
 
設定の『 』の項目(赤字の部分)はお客様ごとに異なりますので、登録内容やご利用の環境にあわせて設定してください。

nPOPのダウンロード
nPOPはこちらから、Win32(Windows 95, 98, Me, NT4, 2000, XP)の「自己解凍書庫」形式のファイルをダウンロードしてください。

設定方法
   
nPOPを起動します。
 
プルダウンメニューの「アカウント(T)」→「設定「(O)...」を選択すると、以下の画面が表示されます。
 

 
■「アカウントの名前」:この設定に任意の名前をつけます。(例 rimnet)
■『POP3サーバ』:mail.ドメイン名を入力します。(例 mail.kt.rim.or.jp)
■「ポート番号」:110のまま、変更しません。
■『ユーザ名』:ユーザー名を入力します。(例 rimtaro)
■『パスワード』:Mail/FTPパスワード(サーバ用)を入力します。
■「APOPを使って認証」:チェックしません。
■「巡回チェック対象外」:チェックしません。
 
接続タブをクリックすると、以下の画面が表示されます。
   

 
■「ダイヤルアップ」:選択します。
■「接続先」:右側のプルダウンメニューから、ダイヤルアップネットワークに作成してある
  リムネットの接続用アイコン名を選択します。(例 rimnet)
■『ユーザ名』:メールアドレスを入力します。(例 rimtaro@kt.rm.or.jp)
■『パスワード』:ダイヤルアップ接続パスワードを入力します。
 
「OK」ボタンをクリックし、設定は終了です。
 
 

使用方法
   
nPOPを起動します。
※パソコン上でご利用のメールソフトが起動して、メール受信作業を行っていましたら、メールソフトを終了して、しばらくお時間をおいてからnPOPを起動してください。
 
プルダウンメニューの「送受信(S)」→「新着チェック(N)」を選択すると、リムネットに接続し、メールサーバー上の電子メールの一覧を表示します。
 

 
メールサーバーから削除したい電子メールを選択し、「メール(M)」→「削除用にマーク(D)」を選択します。
選択されたメールのアイコンが X 印に変わります。
 

 
メニューの「送受信(S)」→「マークしたものを実行(E)」を選択すると、以下の画面が表示されます。
 

 
「はい」をクリックすると、指定したメールをサーバから削除することができます。
 
※「はい」をクリックしてサーバーからメールを削除した場合、その操作を取り消す事はできませんので、誤って必要なメールを削除しないようにご注意ください。
 
 
  help!
ejworks corporation ejworks corporation